「飛空艇乗りの腕時計」のポケットウォッチを、腕時計にカスタマイズ

スチームパンク

飛空艇乗りの腕時計・・・の時計部分だけ

名古屋のアクセサリーショップ「フーリゴ」。こちらで面白い時計が売っておりました。

アクセサリーのセレクトショップ Fuligo(フーリゴ):名古屋市中区
名古屋市中区のアクセサリーのセレクトショップFuligo(フーリゴ)のWEBサイトです。 自分の好きなものを身に着ける楽しみ。 感性に訴えかける装飾品の魅力。 日常にアクセントを加えるクリエイティブなアクセサリーを主としたセレクトショップです。 名古屋市栄 金曜定休 TEL 052-241-7227

なんと!あのForet(フォーレ)の「飛空艇乗りの腕時計」の、「ポケットウォッチ(時計部分だけ)」が販売されていました。

どうせなら、腕時計にしてみようか

Foret

スチームパンカー垂涎の「飛空艇乗りの腕時計そのもの」は、まず手に入れられない・・・。
だったらこのポケットウォッチを腕時計にしてしまえば?と思い
思い切って手を加えてみました。

手を加えると言っても「NATOバンドではめられるように、真鍮線を曲げて、接着剤で固定。」しただけですが。


本家の腕時計には全く及ばないのですが、それでも文字盤のかっこよさには目を奪われます。

文字盤が傾いてる?実は仕様です


先程から写真を見ている方の中で「時計が90度傾いてるぞwww」と思われている方もおられるでしょうが、実はこれがわざとでして、購入したときから「12時に長針、短針を合わせると、若干ずれてしまう」という状態にありました。
「うむう・・・ちょっと気になるな。」と針を回していたところ、このポケットウォッチの場合は長針と短針は「9」でちょうど合わさることが判明。「ローマ数字だから気にならないし、90度回転されておくか。」となり、この形状に至ったわけです。
他、竜頭ネジがどうしても外れやすかったので、外して使っています。後は重さがなんとかなると、もっと普段から使えそうなのですが、重たいのは真鍮製の宿命ですね。