スチームパンクな「魔鉱石銃」を100円ショップアイテムで作る

スチームパンク

塗ったり貼ったり、もうひと工夫

当初、ただ「らしく塗装しておしまーい」と考えておりました。が、購入した100円ショップの銃で弾を発射して遊んでいると

「これ、痛った!」

バネが強く、おもちゃにしてはいささか威力が強いのでは?と感じました。

おもちゃの拳銃をニコイチ

そもそも「弾を発射しなければよいだけのこと」なんですが、どうせなら「ゆるゆる〜な弾が出たら、面白かろうなあ」と考え、いわゆる「ニコイチ」をやってみました。

中身はこちらの「スポンジタイプの弾を発射する銃」に差し替えます。

100円ショップの水平器、LEDライトや、「怪しげな鉱石を埋め込んだ」という設定のアクリル製の石などをくっつけ、塗装したのがこちら。魔鉱石銃の完成です。


スチームパンクなら、もっと違う銃がよいのかもしれないけれど

サイレントメビウスの「グラビトン」。テガミバチの「心弾銃」。最近ですとファイアーエムブレムヒーローズの主人公がムービーで持っている銃(限定的ですみません)のような「銃身が太め」の銃がほしかったので、かつ軽く仕上がったので満足です。


魔力かなにかわかりませんが、魔鉱石という「何かしらの力が溢れ出るであろう鉱石をはめ込んであるので、無限に弾が発射できる」というイメージも再現できました。